コレウス・フォルスコリはシソ科の植物で、インドやネパールなどでは根の部分をピクルスにして食べているものです。

人が体脂肪をエネルギーとして代謝させる際には、大きく3つの段階があります。

①体脂肪の脂肪酸への分解②脂肪酸をミトコンドリア内膜まで運び込む③脂肪酸をTCA回路で燃焼するの3段階です。

HCAが③のTCA回路での燃焼に働くのに対し、コレウスは①の脂肪を脂肪酸へ分解するところで働きます。

通常、脂肪は体内では、おもに白色脂肪細胞に蓄えられており、この脂肪を脂肪酸に変換するためには、まず運動などの刺激を与え、交感神経よりアドレナリンやノルアドレナリンと呼ばれるカテコールアミンを分泌させます。このカテコールアミンが白色脂肪細胞にあるβ3受容体に刺激を与え、β3受容体に刺激が与えられると、酵素の一種であるアデニル酸シクラーゼが活性化されます。このアデニル酸シクラーゼがサイクリックAMPを合成し、さらには脂肪を脂肪酸に分解するリパーゼが活性化することで、脂肪が脂肪酸へと変換されます。

しかし驚くべきことに、日本人では出発点ともいうべきβ3受容体が弱く、せっかく運動をして、カテコールアミンを分泌させてもβ3受容体が応答しにくいという人が実に39%にものぼるとの報告があります。つまり同じだけ有酸素運動をしても、速やかに脂肪が分解される人とそうでない人が存在するということがわかってきたわけです。
コレウスに含まれるフォルスコリンは、β3受容体を介さずにアデニル酸シクラーゼと結合し、アデニル酸シクラーゼを活性化させることが知られています。このため運動による刺激がなくても脂肪を脂肪酸に変換させることができます。

このような特徴を持つハーブを使用することで、低い運動負荷でも効率的に脂肪を分解させることができる可能性があります。