オールスター終了、楽天イーグルスの肉離れについて

今年のプロ野球オールスターゲームが昨日で終了しました。

今年は2戦だけの開催となりましたが、これで十分だと思います。

私はオールスターゲームに何の興味・関心もありません。

スポット的には真剣勝負もあるでしょうが、基本的には選手たちが生活をかけたレギュラーシーズンとはまったく違うからです。

だからテレビ中継も一切見ませんでした。

まだ高校野球の県大会を見ていた方がいいです。

CIMG9589

さて、パ・リーグはAクラスとBクラスがはっきりと分かれてきました。

我が楽天イーグルスはどっぷりとBクラスに沈んでいます。

これだけ故障者が出ていたら当たり前のことです。

投手陣はまだしも、打撃陣がほぼ2軍のような布陣で勝てるほど甘くはありません。

今日の河北新報に前半戦を振り返るかたちで立花球団社長と大久保監督のインタビュー記事が載っていました。

ひとつ気になったのは、肉離れに対する責任の所在に立花社長が言及していたことです。

たしかに同じような故障が多いと、選手個人だけの問題ではなく、チーム全体の問題であるとも言えます。

すでに肉離れを防ぐ有効策について模索していると思われます。

そして大久保監督のことだからすぐにでも取り入れているのではないでしょうか。

まさかシーズン途中に肉離れ対策について本気で考えることになるとは。

でも選手個人の生活にも関わってくることなので、しっかりとやってもらいたいです。

次の試合はもう明日からですね。

札幌ドームで日本ハムとの3連戦が始まります。

CIMG9591