北海道・北東北の縄文遺跡群だって?

以前青森、しかも観光地とは言えないところに行った記事を掲載しました。

これは私が青森県出身だからできる芸当です。

ただ青森で過ごしたのは高校生までで、すでに人生の半分以上は仙台で生活しています。

だから自分でもびっくりするくらい青森のことで知らないことは多いです。

それでも青森県に関するニュースは日々気になります。

今日の河北新報の東北面に北海道・北東北の世界遺産に関する記事がありました。

以前から北海道・北東北の縄文遺跡群を世界遺産に申請しようという動きをしていたらしいのです。

しかし、毎回国内の候補地選定で落選し続けていると。

私はまったくそのことをしらなかったので、あらためてどういった遺跡が含まれているか見てみました。

18個の遺跡のうち青森県にあるのは半分の9個です。

その中で私が名前を知っているのは、三内丸山遺跡と亀ヶ岡石器時代遺跡の2つだけでした。

青森県外の遺跡についても知っているものは1つもありませんでした。

青森県に住んでいる人で県内の9個の遺跡を全部知っている人はどれだけいるでしょうか。

そんな疑問もわいてきます。

誤解をおそれずに言えば、世界遺産登録のブームみたいなのに乗っかろうと、無理やり持ってきた印象もあります。

それでもべつにこうした動きに反対するつもりはありません。

今度青森に行ったときは、知っている三内丸山遺跡と亀ヶ岡遺跡くらいは見ておこうと思います。

CIMG0520