内蔵疾患に樹液シートを使う効果

腎臓、肝臓、すい臓、消化器等の内臓に疾患のある場合は、病院で診察を受けることが大事です。

そこまで至らない場合は樹液シートを使って様子を見るのもいいかもしれません。

樹液シート腎臓

腎臓病、尿の出が悪い、膀胱炎などの場合は両足裏の腎臓、輸尿管、膀胱の反射区と、足の内側の反射区にもシートがかかるように貼ります。

樹液シート肝臓

内臓疾患の中で肝臓の悪い人は、腰より少し上部の右わき腹にシートを貼り、さらに肝臓の反射区にもシートを貼ります。

樹液シートすい臓

すい臓(とくに糖尿病)が悪い場合や、胃腸の弱い場合は、背中が痛くなる人が多いので、腰より上の背骨の両側にシートを貼ります。

さらに両足裏のすい臓の反射区にもシートを貼ります。

樹液シート消化器全体

消化器全体が悪い場合は、両足裏の消化系統の反射区がある、いわゆる土踏まず全体にシートを貼ります。

>>> 足裏樹液シートが楽天でNO.1超遠赤外線「テラヘルツ波」とマイナスイオン発生癒して翌朝むくみ…

▼▼ 私が買った樹液シートはこちら! ▼▼

ショップ:【genki21】楽天市場店

樹液シートgenki21