前立腺肥大・インポテンツ(不感症)に樹液シートを活用

尿が近くなる原因にはいくつかあります。

年齢を問わず水分を多くと摂取すると尿が近くなりますが、そうでなくても年齢とともに尿が近くなる傾向があるようです。

尿が近い、前立腺肥大の不安がある場合には、樹液シートを使ってみるのも有効かもしれません。

また、インポテンツ、不感症といった悩みにも使うことができます。

楽天市場で樹液シートがもっとも売れている【genki21】楽天市場店で樹液シートを買うと、希望者には「樹液シートの貼り方」という冊子のプレゼントがあります。

こちらには尿が近い(前立腺肥大)・インポテンツ(不感症)に対する効果についての説明があります。

樹液シート尿

まず、尿が近い、前立腺肥大などの場合には、足のかかとの内側にある反射区(男性は前立腺、女性は子宮)にシートを貼ります。

樹液シート不感症

次に、インポテンツ、不感症などの場合には、生殖腺が弱っていると言えます。

この場合は、足裏のかかとの生殖腺(男性は睾丸、女性は卵巣)の反射区と、足のかかとの内側の反射区(男性は前立腺、女性は子宮)の両方にかかるように、足のかかと全体にかけてシートを貼ります。

>>> 足裏樹液シートが楽天でNO.1超遠赤外線「テラヘルツ波」とマイナスイオン発生癒して翌朝むくみ…

▼▼ 私が買った樹液シートはこちら! ▼▼

ショップ:【genki21】楽天市場店

樹液シートgenki21